日本

代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている

西郷さんは今の日本をみてどう思うだろうか。

戦後の日本と言うのは、「日本」というものを余り教えません。そのため自分は日本人であるという自覚すら薄く、日本人なのに日本人らしさが足りないと思うのです。平和平和と念仏を唱え、目の前にある危機に目と耳をふさぎ、脳内にあるパラダイスが現実世界にも通用すると思い込んでいる輩が多いのです。

現実問題として北朝鮮に拉致された日本人すら救うことが出来ません。それでいて何が人権だ。何が平和だ。自分が拉致されたらどうでしょうか?自分の国に見放されたと気づいたら絶望しかありません。

荒波を立てたくないからと、拉致された日本人すら取り返さないというのは、あるべき主権国家の姿ではないと考えます。代表的日本人という本に、西郷隆盛の言葉が紹介されています。

西郷隆盛

「正道を歩み、正義のためなら国家と共に倒れる精神がなければ、外国と満足できる交際は期待できない。その強大を恐れ、和平を乞い、みじめにもその意に従うならば、ただちに外国の侮蔑を招く。その結果、友好的な関係は終わりを告げ、最後には外国につかえることになる」

「とにかく国家の名誉が損なわれるならば、たとえ国家の存続が危うくなろうとも、政府は正義と大儀の道にしたがうのが明らかな本務である。・・・戦争という言葉におびえ、安易な平和を買うことのみに汲々するのは、商法支配所と呼ばれるべきであり、もはや政府と呼ぶべきでない」

まさに今の日本です。西郷が危惧していたことが現実の日本で起きているのです。

こういうことを言うと、戦後教育を受けた人々は「戦争がしたいのか?」と言います。
当たり前ですが戦争したいわけではないのです。しかし戦争というのも選択肢ではあります。日本人が侮辱され続け、拉致された現状を見ると、外国からなめられているのは間違いありません。

日本人はやるときはやるぞという姿勢すら見せないからなめられるのです。
意識を変えなければなりません。

上記の西郷の言葉は現代日本人にはとても刺激的な言葉だと思います。しかしとても重要な精神だと僕は考えています。こういった精神こそ明治維新を成し遂げた精神ではないでしょうか。やるときはやるという意志を日本人は固めるべきです。

そうしないかぎり、戦後レジームの脱却など夢のまた夢です。

関連記事

  1. 本紹介

    失敗の本質 日本軍の組織論的研究

    本質は変わったでしょうか? (さらに…)…

  2. ニュース

    安倍総理は痛恨の極みパート2を発動するのか

    痛恨の極みは制限カードです。 (さらに…)…

  3. 日本一わかりやすい保守の本
  4. 日本

    差別ではなく区別

    差別ほど便利な言葉はない。 (さらに…)…

  1. 脱お花畑

    日本

    脱お花畑~現実を見ろ
  2. 未分類

    楽天が優勝したけど楽天市場の出店者って結構大変そう
  3. ニュース

    柏での通り魔事件と在日認定
  4. テレビばかり見ていえたらバカになる

    マスコミ

    テレビ報道が使う洗脳の手法~テレビばかり見ていたらバカになる
  5. 動画ブログ

    チャンネル登録者7万人とアンチへの対応策
PAGE TOP