民主党の有田芳生参議院議員って大人気だな

公開日: : ニュース ,

アリタ!アリタ!

ヘイトスピーチ撤廃を訴える大人気有田芳生議員ですが、彼が街頭演説をやると応援団が駆けつけます。笑ってはいけないのかもしれませんが、この演説を見て笑ってしまいました。

有田

これが在特会なのかはわかりませんが、この場で死ねとも殺すともいっていないのに、こいつらが差別主義者と言ったり、くるくるぱーというジェスチャーをするっていうのはどうなんですかね?
→有田芳生議員にくるくるぱ~されちゃった♪

在特会のやり方ってどうだろうと思うときはありますが、一つ言えるのはものすごくきいているということです。最近ヘイトスピーチという言葉がテレビでも取り上げられるようになり、そこから疑問を持つ人もいるでしょう。
何故韓国人に向けてこういった声が出ているのか?という部分をマスコミはやりませんが、ネットを見れば色々と知ることが出来ます。マスコミが隠せば隠すほど、どんどん批判は出てきます。

本当にここ数年で新しい流れがどんどん出てきました。この流れを大切にしたいですね。

PR

関連記事

韓国は時間まで変える必要があるのか?

異常 ついに時間まで変える!? 標準時の変更を 与党議員が発議=韓国 聯合

記事を読む

ヘイトスピーチの定義って何?

意味がわからない。 謎の判決 FNNニュース 10/07 18:20 京都

記事を読む

グレンデール慰安婦像撤廃の署名活動が産経新聞でも取り上げられる

集まってきてるぞ。 テキサス親父産経新聞に載る テキサス親父ことトニー・マラーノ

記事を読む

天安門事件から25年

ご冥福をお祈りします。 天安門事件関連の米公文書を公開、「兵士が笑いながら発砲」

記事を読む

日本も中国の高飛車な態度を学んだ方がいいんじゃない?

見習おう。 「中国に手を差し伸べて」=靖国・尖閣、安倍首相に決断求める-党序列4位 時事

記事を読む

ヘイトスピーチならぬヘイトクライム許すまじ

これこそ差別じゃないか? 襲撃前「生粋の日本人か」と確認 別の通行人も標的に/

記事を読む

猪瀬直樹東京都知事が辞任でどうなる東京都

五輪の準備で忙しくなってくるのに・・・ 猪瀬直樹氏ついに都知事辞任 猪瀬東京都知

記事を読む

2歳死体遺棄、シッターの男逮捕

悲しい・・・ 口に圧迫痕 2歳死体遺棄、シッターの男逮捕…口に圧迫痕 読売新聞

記事を読む

日本なら多分炎上するなっていうスイスの議員の発言

日本なら炎上待ったなし! 実際お荷物 欧州からの移民 スイスの社会保障制度の

記事を読む

菅元首相 お遍路達成

菅元首相がついにお遍路達成!よし、もう一周行け

やっと達成か。 これはもう一周行くべき 菅元首相、足かけ9年でお遍路達成 「達成感と寂しさ」

記事を読む

PR

Comment

  1. 名無しさん より:

    和也さんの意見に賛同します。
    有田芳生は本当におかしいですね。
    彼の行動や発言ツイートは明らかに常軌を逸しています。
    思想の左右や媚韓・嫌韓などは横に置いておいて、国会議員という公職にある人間が、
    あそこまで攻撃的で汚い言葉で、一般国民や特定の団体を罵るのは、どうみてもおかしいですよ。
    普通の思考能力を持っていれば、仮に媚韓派であっても、彼のような異常な言動をしている人間には近づきたくない、関りたくないと思うのが普通ですが、有田議員の取り巻き達はその程度の常識すらないようです。
    類は友を呼ぶと言いますが、有田としばき隊の連中はまさにそれですね。

  2. U2 より:

    有田芳生の名前は、ソ連最悪の独裁者ヨシフ.スターリンにちなんで、名付けられたそうです。
    親もキチガイだから子もキチガイなのも納得。彼を支持しているのも、在日朝鮮人の右翼だと動画で、分かります。こんな人が国会議員なんて、かなり絶望的気分。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑