バカは論破できない

公開日: : 教育

南無阿弥陀仏。

慰安婦問題にしろ、憲法9条守りましょうといっている人にしろ、あまりにも凝り固まった考えが彼らの脳内の根底にありますから、とてもじゃないですが説き伏せるというのは無理な話です。

先日ニコニコ動画でみた動画ですが、弁護士が「こんな体たらくでいいの?」と言えるくらいの醜態を示しています。
→「従軍慰安婦」問題討論 ~歴史学者 vs 人権弁護士~/ニコニコ動画

前にも取り上げた慰安婦の支援団体の会見でも、証拠は問題ではないという謎の論法を使い日本に謝罪と賠償を求めています。

こういった人たちには正論は通用しません。
通用するならもうとっくに慰安婦問題なんて終わっているのです。

「話し合いで解決できる」ということを信奉する人は、逆に「話し合いで解決できる」という信念が話し合いで解決できない状況を生んでいるように思います。思考に柔軟性がなく、何を言われようとも考えが変わる事がありません。

変わる事がないゆえに正論に対してはしどろもどろになり、話のすり替えなどを行いもっと話し合いで解決できない状況を生むのです。とても悲しいことですが、僕はもうこういう人たちは放っておくしかないと思います。彼らは話し合いでどうにもなりません。
ならば話の分かる人に正しいことを伝え、考えてもらったほうが現実的です。受け取る側が良く吟味してどちらが正しいか判断してくれればいいと思います。そのためにも、情報をどんどん広めないとだめなんです。

テレビ、新聞の時代は終わりました。
ついに国民が日本を変えられる時代がやってきたのです。

PR

関連記事

はだしのゲンは閉架措置で問題なし

あんなもの小学生に読ませるなよ。 閉架処置に賛否両論 松江市教委の「はだしのゲン

記事を読む

今こそ見直したい脱亞論

すごい。 100年から変わらない支那・朝鮮 脱亞論は1885年に時事新報に掲載された無署名の

記事を読む

北教組とかいう教育の名を借りたガイキチ集団

北海道新聞を取り上げたから思い出し怒りが・・・ 昨日の動画でも言いましたが、北海道

記事を読む

南京大虐殺を否定する教師、肯定する教師

すごいデータだ。 教育は教科書より人 昨日から募集している教育に関するアンケート

記事を読む

琉球大学の琉大ライフが国会デビューを果たす

やったぜ。 琉球大学生から情報提供を受け、以前の動画で紹介した流大ライフを覚えているでしょ

記事を読む

皆さんどんな教育を受けてきましたか?

一度実体験を集めてみたい。 日本の偏向教育 日本の教育は偏っていると言われている

記事を読む

実はすごかった戦前の少年犯罪

驚愕。 戦前の教育は優れていたと言う漠然としたイメージ かつては教育勅語があり、修身の授業が

記事を読む

no image

俺達は好きで「ゆとり」になったわけじゃない

まずは動画をご覧下さい。 読売新聞が行った世論調査によると、公立学校での土曜日の授業に

記事を読む

いじめの調査なのに「いじめと書くな」という理不尽教師

これではいけませんねぇ・・・ アンケに「いじめと書くな」と指導した女性教諭/YOMIURI O

記事を読む

迷彩服に違和感?中学生の職場体験学習にシーラカンス平和主義者が抗議

いまだにこんな人がいるとは・・・ 違和感はあなた達だけです 自衛隊での中学生

記事を読む

PR

Comment

  1. くにひこ より:

    こいつらの言い分を見聞きするたびに

    「実は私は貴方の家族に強制連行されたんですよ。賠償金払ってください^^  
     証拠? もちろんありませんよ。私の壮絶な体験(笑)がなによりの証拠です」

    と、言ってやりたくなります。
    話のすり替えは韓国人、および支援団体の常套手段ですよね。

    彼らは幼い頃よりウソの教育を叩き込まれて
    「我を押し通して賠償させるぞ」という意気込みがあるので話し合いになるわけないんですよ。

    >テレビ、新聞の時代は終わりました。

    そうだといいんですけどね。
    国営放送であるはずのNHKがヘイトスピーチ特集で
    デモを行なってる団体を極悪非道の団体に仕立て上げる印象操作を行なってましたが
    被害者ズラして「仲良くしたいだけなんだ」とほざき署名活動をしてた在日三世の金展克は
    実はしばき隊のメンバーである事が発覚しました。
    NHKとグルだったんですね。

    正当なデモを暴力で対抗する団体を擁護するNHKはほんと狂ってますよ。

    なぜマスコミが韓国擁護に走ってしまうのかさっぱりわかりませんが
    今だテレビの信用度は絶大だと思います。

    もっと世間の人が「マスコミは偏向報道をするものなんだ」と早く気づいてくれればいいのですけどね

  2. 河瀬 より:

    今日「たかじんのそこまで言って委員会」でコメンテーター加藤清隆さんが面白いことを言っていました。
    「朝日新聞が最近になって保守寄りに舵を切った」と

    保守的意見にしないと新聞が売れなくなってきたので焦っているとおっしゃってました。

    真偽のほどはわかりませんが、一度朝日新聞は国会に証人喚問して数々の捏造記事の糾弾を受けるべきですね!

    全ては「禊」が済んでから朝日の今後の動向を見たいと思っています。

    • BJ24649 より:

      >「朝日新聞が最近になって保守寄りに舵を切った」
      倉山満先生が、昨年の段階で予言しています。
      朝日新聞の本質は、流行通信なのです。
      http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=o0ukCWdBvvE#t=162s
      戦前は、朝日新聞が一番戦争を煽っていたようです。
      社風から考えて、朝日新聞は報道姿勢を少しずつ右寄りに変える可能性があります。

      他方、毎日新聞は極左新聞であり続けるかもしれません。
      毎日新聞は、あなたがブログ記事に書いている通り、とんでもない新聞です。
      興味深いのが、毎日新聞社は、聖教新聞の印刷を請け負い、これが重要な収入源であり、創価学会の顔色を伺っているという話です。
      チャンネル桜の水島総社長などがたびたび指摘します。
      そして、創価学会は、公明党の支持母体です。
      つまり、毎日新聞の論調は公明党と概ね符合しており、その毎日新聞が極左姿勢を示しています。
      したがって、公明党の本質は、極左だと推測されます。
      その極左の公明党が、真正保守の代表格である安倍総理率いる自民党と、連立を組んでいるのです。
      数えていませんが、参議院での議席数の関係でこういう連立になっているのだと思います。

      日本を取り戻すためには、公明党との連立は障害です。
      なので、次の参院選が重要です。
      公明党抜きで衆参ねじれを解消できるよう、有権者は投票すべきだと思います。

      • 河瀬 より:

        丁寧な解説ありがとうございます^^
        今まではさほど政治について興味を持たずに「マニフェスト」という名の嘘に騙されてきましたが、今年1月の「中国艦のレーダー照射」を機に国防のことに関心が出始めて、特亜などを中心に少しずつ勉強している状態なので、まだ何もわかっていません(笑)
        ただ、あくまでも今最前線で命を丸裸の状態で晒さざるを得ない自衛隊の方々や海保の方々に少しでも選択肢を増やせるようにできたらいいと思っています。
        今は完全に特亜嫌いですし、個人の理想としては脱アメリカ属国なので当面は安倍総理の動向を見守ります。

  3. tsunesanq より:

    初コメです。
    二つの動画を見させて頂き、居ても立っても居られず、書き込んでしまいました。駄文にて失礼致します。

    「バカは論破できない」解り易かったです。
    「論破できない」と言うよりも、「バカは聞く耳を持たない」と言うことでしょうか。

    ついでに、支援団体の映像もチェックしました。
    こういった人々は、「解決した先」を見据えて活動しているのでしょうか?謎ですね。
    残り時間4分に、「象徴として日本の慰安婦問題は存在している。その解決が、性暴力の根絶に繋がると世界の人々が思っている。」と述べておりました。…主語がbigです。70億の人々の声が聞こえているとは、これこそ妄言ですよ。この発言から解るのは、「この問題が解決したら、全てハッピーエンドだ!もう問題なんて起こらない!あとはシラネ。」ですかね。「お花畑」+「チョウチョ」が背景に見えてきました。

    活動するなら、同じ苦しみを味わっているであろう、ベトナム支援も当然並行しているのでしょうね。この人たちの活動には興味ないですが。

    こういった、相手との話し合いを拒絶した人権団体が多くなると、日本の冤罪が増えそうで恐ろしいです。何せ証拠は「私自身」ですからね。。。

    今回の動画を参考に、自分にできる啓蒙活動を実施していこうかと思います。

    これからも、楽しく解り易く学習できる動画を配信して頂けると大変嬉しいです。ご苦労は多いかと思いますが、北海道から遠い地より応援させて頂いております。

  4. プログラマ より:

    他者の意見を受け入れたり、様々な主張・意見から自分なりに考えるといった行動をおろそかにしていると、このような凝り固まった考え方になってしまうのでしょうね・・・
    「ネトウヨ」という言葉も今は差別的に使われているようですが、これも「ウソをウソと~」という書きこみが昔あったように、柔軟な思考で対処できる人からすればネット=便利なもの→ネット上で書き込みしてる人も色々いる という、いたって普通の発想になるのに、凝り固まった人からするとネット=片寄った情報が集まる所→ネットで書き込んでる人は片寄った考えを持ってる人(ネトウヨ) なんてなるんだと思います(あくまでも、私個人の考えです)

    凝り固まった考えを持ってしまった人には、どんなことでもいいので、「色んな考え方がある」という例を示してあげるのも手だと思います。マンガとか、アニメとか、ゲームとか、身近にあるテーマで取り上げやすいものなら何でもよいと思います。
    議論などの場ではこのような事は出来ないでしょうが、身近にいる人なら可能性はあるでしょうし、視野を広げてもらう事によって、お互いにプラスになるはずなので、少しずつでも理解しあえたらと思いたいです。
    ※和也さんの主張に反対というわけではありません。議論の場で思考が凝り固まった人を論破することは非常に難しい事ですし、そのような人達との議論は正直無駄ともいえるくらいです。

    長文失礼いたしました

  5. TungsteN より:

    はじめまして
    ニコニコのランキング上位に入った2つの動画を拝見させてもらいました
    「バカは論破できない」
    …そうですね、僕も日々そう感じる事が多々あります

    僕の体験談からすると話をできる人間であればまだ救いがあると思います
    悪い場合では相手の自己主張に対し反論があれば暴言で返す
    主にモンスターペアレンツなどに見られる特有のマシンガントークの様な口調を使う人種でした
    僕が体験した人物の行動から思考を分析した感じでは
    一視点しか持てないというのが行き着く先、究極だと思います

    そういう場合は状況に応じた関係者による公的場での決着しか望めません
    話し合いに応じないことができない場においては正当性だけが武器になります

    正当性を主張する最低限の要素は
    「確認、警告、予告」だと考えます

    まず自分の考え、相手の考えに行き違いがないか確認していたか
    踏み越えてはいけない人権等の防衛ラインを主張し、警告していたか
    そして最終的に強引な手段の行使する場合にも
     具体的な予告をし、いかなる場合も暴力は行使しなかったか

    これをせず実力を行使したり妨害工作をする行為は正当性に欠け
    状況を不利にするので最終的にバカは自爆します

    究極この手段を使いますが
    バカは人に言い回ったり、他で敵を作ったりしたうえ
    自分は悪くないと思い込んでおり、一視点しか持たないので
    状況を作れば論破は簡単なのですが

    逆恨みする場合が多いので怖いですね
    最悪自殺する場合もあると思います

    つまり馬鹿っていうのは
    最善を尽くす事を止め思考停止したのに自己主張だけは一人前な人間のことで
    バカは罪であり民主主義の理念に則り法以外で公的に処置できる罪人という事です

    結論:バカは罪

  6. クッシー秀樹 より:

    こういうのを被害者詐欺っていうんですよね。
    詐欺フェストといい、左巻の人たちは詐欺行為は常套手段ですね。
    彼らはまず謝罪しろといい、謝罪したら金をよこせと言ってきます。
    彼らが人権と言う時、それは韓国朝鮮人の人権であり、人権を求める相手はお人好しの日本人です。
    いつも、同じ手でくるので、アホらしくて付き合っていられません。
    何を言っても無駄なので、無視するのが一番です。

  7. U2 より:

    バカは論破できないの、代表者は、田嶋陽子氏ですね、なにがなんでも、日本が悪いですから。ここからは、人格攻撃なので、削除されるかも。朴クネ、田嶋陽子さん若いころ、男性とのお付き合いが、なかったのでは?あれだけの男性蔑視は異常です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑