GHQの洗脳工作はいまだに生き続けている

公開日: : 教育 ,

もうそろそろ起きる時間です。

戦前の日本は悪の帝国だったと言われています。実際僕もこれまで学校教育を受けてきて、漠然と「日本って悪かったんだなぁ」と思っていました。しかしよく考えてみると、朝鮮人を無駄に強制連行したり、南京で30万人を無駄に虐殺したり、それが本当に事実だとすると「何故日本って負けたんだ?」という考えになります。

戦後GHQはウォーギルトインフォメーションプログラム(略称WGIP)という洗脳工作を開始します。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム/wikipedia
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(War Guilt Information Program、略称WGIP、ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム[1]、またはウォー・ギルト・プログラム、あるいはウォー・ギルト・インフォメーション、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)後に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領管理政策として行われたという政治宣伝。

真相はこうだ!というラジオ番組で日本がやったとされること(事実に基づくものではない)をこれでもかと垂れ流し、日本=悪、戦勝国=善という図式を作り上げ、その図式はいまだに日本人の心に寄生しています。

アメリカは原爆投下というまさに人道に対する罪を犯しています。アメリカとしてはこういった悪行を覆い隠すほどの日本軍の悪行がなければ、自己の正当性というものが疑われてしまいます。その原爆投下の対比として出てきたのが南京大虐殺でしょう。
南京は東京裁判になって突然現れ、「真相はこうだ」で宣伝され、既成事実化されていますが、調べてみるととても怪しい事件です。これについては後日にしますが、中国がいうような30万人虐殺なんていうのは絶対にありえない話です。

私達のおじいさん世代は戦後から今に至るまでやってもいないことで貶め続けられています。これではいけません。今こそ日本人は歴史を学び、日本を取り戻す必要があります。

僕は別に日本が全く悪いことをやっていないなどと言うつもりはありません。
日本も悪かったが、戦勝国も悪かったというのが僕の考えです。

GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫) GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫)
櫻井 よしこ

小学館
売り上げランキング : 30097

Amazonで詳しく見る

photo by: Hamed Saber

PR

関連記事

no image

俺達は好きで「ゆとり」になったわけじゃない

まずは動画をご覧下さい。 読売新聞が行った世論調査によると、公立学校での土曜日の授業に

記事を読む

戦前にあった修身という授業

道徳は大事。 今こそ思い出すべき日本人の徳目 先日教育勅語を紹介しましたが、よく

記事を読む

卒業式シーズンの風物詩!と化した日の丸君が代反対野郎

卒業式に関係ないでしょ。 いい加減にしろ 今日の朝、Twitterでリプを貰いました。

記事を読む

文化の日より明治節

取り戻そう。 戦後変わった祝日 昨日11月3日は文化の日でした。 「自由と平和を愛し、文化

記事を読む

何故韓国だけに偏向した教育がされるのか?

なんでや! 教育に関するアンケートを募集した結果 以前募集した教育に関するアンケ

記事を読む

素読教室で学ぶ子供達凄すぎぃ!

日本の未来は明るい。 広島で講演をやらせていただき、なんと300人もの方に来ていただきまし

記事を読む

琉球大学の琉大ライフが国会デビューを果たす

やったぜ。 琉球大学生から情報提供を受け、以前の動画で紹介した流大ライフを覚えているでしょ

記事を読む

バカは論破できない

南無阿弥陀仏。 慰安婦問題にしろ、憲法9条守りましょうといっている人にしろ、あ

記事を読む

実はすごかった戦前の少年犯罪

驚愕。 戦前の教育は優れていたと言う漠然としたイメージ かつては教育勅語があり、修身の授業が

記事を読む

教育勅語

教育勅語を見てみよう

今こそ教育勅語。 まずは原文 朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇

記事を読む

PR

Comment

  1. ラフ より:

    「いざ児等よ 戦うなかれ 戦はば 勝つべきものぞ 夢な忘れそ」
    子供達よ戦争はするものではない、しかし、もし戦うならば絶対に勝たなければだめだ。勝たなければ無法な罪まで押しつけられる。

    これは、東郷茂徳さんの言葉です。 youtubeに動画があります。

  2. 河瀬 より:

    ちゃんとした歴史を学ぼうと思っても今の日教組は・・・

    結局「受験勉強=自虐史観」で覚えなければならないということが、証拠に基づいた歴史を学ぶ機会を失わせているという風に思います。

    問題は「試験(教科書)を作る側」にあることは火を見るよりも明らかですね・・・

  3. 杉原 より:

    占領政策の一環として必要ではあったんでしょうけどね。天皇陛下の処刑はアメリカが止めた。戦争に負けても日本人は血の一滴が枯れるまで米兵と闘う可能性がある。アメリカはそれを怖れた。左翼がそれに上手く便乗し忌まわしい伝統を築き上げた。

  4. 松本 より:

    こんにちは。
    従軍慰安婦は、アメリカでまことしやかに流れています。
    アメリカでは、ジェンダーの問題は年々センシティブになっており
    これを日本が撤回するのは許されないそうです。
    まさに聞く耳持たないというか。
    そういうことを、東郷茂徳さんの息子とか、櫻井よしこさんが
    撤回するのはよくないとおっしゃっています。
    真実でないことを真実でないというと
    アメリカとの関係が終わってしまうって、どうなんでしょう。
    それでも、撤回できると思われますか?
    とってもくやしいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑