教育

地球市民という幻想

道のりは遠い

一部の日本人はやたらと「地球市民」という言葉を使います。
確かに私達は地球に生きる一個人ではありますが、やはり国と言う枠組みがあります。人間はこれまでこの国と言う枠組みの中で生きてきました。世界を一つの国にというのは確かに理想的なのかもしれませんが、僕は動画をこれまで配信してきてそれは不可能だと感じています。

まず動画のコメント欄ですら、意思の統一は不可能です。
日本だけでも1億を越える人がいます。それぞれに意見を持っていますから、様々な意見が飛び交います。僕の意見に賛成していただく方もいれば、否定されることもありますし、陰謀論が出てきたりとこの小さな空間ですら完全にまとまることはありません。

そんな状態ですから、これを世界レベルで範囲を広げたところで意思の統一など不可能な話です。
国によって言葉も宗教も習慣も歴史も違います。ですから民主主義が絶対万能とも限りません。その国の歴史と文化に根ざした国づくりというのが必要になってきます。

各国違う歴史と文化を持っているものを統一するとどうなるでしょうか?
まず誰がそれをまとめるのでしょうか?民度も各国違いますから、やはりそれを抑えるための権力というのは必要になります。警察だったり、司法だったり必要な権力は多々あります。世界レベルで統一というのは今現在では不可能と言えるでしょう。

まずは身近なところから地盤を固めて、人類が広く成熟したとき(それが100年先なのか、1万年さきなのか、そもそも不可能なのかはわかりません)、初めて地球レベルでの統一が可能になるでしょう。

儒教の四書として有名な大学という本には、このような記述があります。

古きよき時代に、輝かしい聖人の特を世界中に発揮しようとした人は、それに先だってまずその国をよく治めた。その国をよく治めようとした人は、それに先だってその家を和合させた。その家を和合させようとした人はそれに先だってまずわが身をよく修めた。わが身をよく修めようとした人は、それに先だってまず自分の心を正した。自分の心を正そうとした人はそれに先だってまず自分の意念(おもい)を誠実にした。自分の意念を誠実にしようとした人は、それに先だってまず自分の知能を十分におしきわめた。知能をおしきわめるには、ものごとについて【善意を】確かめることだ。

世界レベルでこのように、自らをおしきわめる努力を続けていけば、いつか世界は統一できるのかもしれませんね。まずは身近なところからです。

大学・中庸 (岩波文庫)
大学・中庸 (岩波文庫)

関連記事

  1. 日本

    南京大虐殺なんてなかった

    昔は日本ってひどい国だなーって思ってた。 (さらに……

  2. 教育

    バカは論破できない

    南無阿弥陀仏。 (さらに…)…

  3. だから中国・韓国は嫌われる

    本紹介

    だから中国・韓国は嫌われる

    今日発売! (さらに…)…

  4. 教育

    教育に関するアンケートの結果

    教育問題の根は深い。 (さらに…)…

  5. 朝鮮学校

    教育

    朝鮮学校とは普通の学校ではない

    差別ではない。 (さらに…)…

  6. 本紹介

    さて問題です!これはどこの日本でしょうか?[民間防衛]

    やべぇよ・・・やべぇよ (さらに…)…

  1. ニュース

    お遍路道に張られた差別的?張り紙
  2. 日本

    選挙中に「〇〇さんを当選させよう」とネットで言うのは問題なし
  3. 民主党は終わり

    日本

    民主党公開大反省会をやるも反省の色なし
  4. 台湾

    台湾の人気店「鼎泰豐(ディンダイフォン)」の小籠包は美味しすぎる
  5. SONY NEX-5R

    動画ブログ

    SONY αNEX-5R買ってしまった・・・これはすばらしい
PAGE TOP