2分で分かる!インターネット選挙運動でできることできないこと

公開日: : 日本

はやくネットで投票できるようにしてほしい。

ネット選挙解禁!といっても、まだ投票がネットでできるわけではないんですよね。
今回はインターネットでの選挙運動が解禁になりました。

これまではブログやホームページなどで選挙期間中に「〇〇さんを当選させよう」といった選挙運動が出来ませんでしたが、次の参院選からはこれが可能になります。可能なネット媒体は次の通り。

・ホームページ
・ブログ
・SNS(ツイッターやフェイスブックなど)
・動画共有サイト(YOUTUBE、ニコニコ動画など)
・動画中継サイト(ニコ生、ユーストリームなど)

注意しなければならないのは電子メールですね。
候補者は電子メールを使った選挙運動が可能ですが、有権者は電子メールを使った選挙運動が出来ません。
例えば有権者が応援している候補者を当選させる目的で「〇〇さんに投票しましょう!」などということは出来ないので注意です。違反になります。

当たり前ですが、なりすましや落選させる目的で虚偽の情報を流したりしてはいけません。例えとんでもない売国奴だとしてもです。あとは出来る人がまず少ないでしょうが、候補者のホームページの改ざん行為で選挙活動の自由を奪う行為は重大な違反です。

その他詳しくは総務省のホームページにあるのでこちらもご覧下さい。
ネット選挙運動

PR

関連記事

菅直人元総理が安倍総理を提訴 菅さんはもう黙ってた方が・・・

これが逆選挙対策だ! 先日菅元総理が安倍総理を提訴しました。 名誉棄損の訴えを起

記事を読む

西郷隆盛

代表的日本人 西郷隆盛の危惧していたことが現実になっている

西郷さんは今の日本をみてどう思うだろうか。 戦後の日本と言うのは、「日本」とい

記事を読む

たまたまラッキーで皇室が2000年以上も続いてきたのか?

日本は歴史がある国です。 日本は歴史のある国 中国4000年の歴史などと言う人がいま

記事を読む

日本を変えるなら長期計画で

がんばろうニッポン 戦後約70年。 いまだに日本人は敗戦のショックを引きずってい

記事を読む

教育勅語

教育勅語を見てみよう

今こそ教育勅語。 まずは原文 朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇

記事を読む

集団的自衛権の怪文書よりこれを世に広めたい

完全勝利した内閣官房 集団的自衛権で誤解に基づいたビラや活動が行われています。

記事を読む

予算委員会徳永エリ

靖国参拝で拉致被害者が落胆していると民主党徳永エリ議員が発言するも誰かは言わずに逃げる

この人は一体どこの国の議員なんだ・・・ 平成25年4月24日 衆議院予算委員会の

記事を読む

日本の未来は明るい!小林よしのり「戦争論」を読んだ中学生からのメール

こういう感想をもらうとやっぱりうれしいね。 ちょうど今から1ヶ月前、僕は動画で小林よし

記事を読む

A級戦犯が合祀されたから中国韓国が騒いでいるわけではない

いつまでこんな嘘を垂れ流すのか。 北海道の癌 北海道新聞 靖国参拝を擁護 菅氏の

記事を読む

完璧にすべて自分と同じ考えの人間はいない

せめて動画を見てから・・・ 僕が動画でやっているのは政治とか歴史とかの話題が多

記事を読む

PR

Comment

  1. 千葉県民 より:

    条件を付けて戸別訪問の解禁もやってほしかったね。
    その代わり、街宣車とかでスピーカー使って運動の禁止。

  2. BJ24649 より:

    「小沢氏「民主と一致」、反自公結集へ連携拡充」(MSN産経ニュース2013年6月22日)
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130622/stt13062217500002-n1.htm
    いやはやなんとも。党利党略という言葉も生ぬるい。
    こんな人たちの言葉をまだ信じる人がいるのだろうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PR

インドネシアの旅4 インドネシアで見つけた猫

猫がたくさん タイトル通りでインドネシアの旅では猫をたくさん見ました

インドネシアの旅3 牛丼は米が違う

ちょっとショッピングでも インドネシアの旅、今回は3回目です。 次

インドネシアの旅2 ありすぎな国旗に驚く

インドネシア2日目! スラバヤの朝です。 この日は研修が盛りだ

インドネシアの旅1日目 移動だけ

インドネシア行ってきました 11月8日日曜日から13日の

ポーランドで見つけた反日プロパガンダ

たまげたなぁ… 現在ポーランドに滞在していますが、ワルシャワを観

→もっと見る

PAGE TOP ↑