日本

2分で分かる!インターネット選挙運動でできることできないこと

はやくネットで投票できるようにしてほしい。

ネット選挙解禁!といっても、まだ投票がネットでできるわけではないんですよね。
今回はインターネットでの選挙運動が解禁になりました。

これまではブログやホームページなどで選挙期間中に「〇〇さんを当選させよう」といった選挙運動が出来ませんでしたが、次の参院選からはこれが可能になります。可能なネット媒体は次の通り。

・ホームページ
・ブログ
・SNS(ツイッターやフェイスブックなど)
・動画共有サイト(YOUTUBE、ニコニコ動画など)
・動画中継サイト(ニコ生、ユーストリームなど)

注意しなければならないのは電子メールですね。
候補者は電子メールを使った選挙運動が可能ですが、有権者は電子メールを使った選挙運動が出来ません。
例えば有権者が応援している候補者を当選させる目的で「〇〇さんに投票しましょう!」などということは出来ないので注意です。違反になります。

当たり前ですが、なりすましや落選させる目的で虚偽の情報を流したりしてはいけません。例えとんでもない売国奴だとしてもです。あとは出来る人がまず少ないでしょうが、候補者のホームページの改ざん行為で選挙活動の自由を奪う行為は重大な違反です。

その他詳しくは総務省のホームページにあるのでこちらもご覧下さい。
ネット選挙運動

関連記事

  1. 日本

    憎悪スピーチ 冷静に議論する社会に 2013.6.23北海道新聞社説

    これ本当に日本人が書いたのか? (さらに…)…

  2. 日本

    徳永エリ議員の「拉致被害者家族が落胆している」に対し、家族会が緊急声明を発表

    拉致被害者家族をダシに使う民主党徳永エリ議員を許すまじ。 (さらに…

  3. 日本

    戦争したくないから逆に戦争のことを考えるという発想

    進んで盲目になってはいけない(戒め) (さらに…)…

  4. 民主党は終わり

    日本

    民主党公開大反省会をやるも反省の色なし

    民主党は帰って、どうぞ。 (さらに…)…

  5. 日本

    永世中立国スイスの民間防衛に学ぶ

    永世中立国という言葉を聞いたことがあるかと思います。永世中…

  1. マスコミ

    靖国神社参拝から一夜明け、新聞社説は発狂の嵐
  2. 未分類

    山本太郎は天皇陛下に直訴する前に自分の仕事をしろ!
  3. Youtubeチャンネル登録者1万人突破

    YouTube

    ついにチャンネル登録者1万人突破!
  4. ニュース

    市役所の中立性を損なう共産党市議による赤旗勧誘
  5. 古市 プライムニュース

    マスコミ

    まじめに勉強すればするほど偏る現代教育
PAGE TOP