日本

2分で分かる!インターネット選挙運動でできることできないこと

はやくネットで投票できるようにしてほしい。

ネット選挙解禁!といっても、まだ投票がネットでできるわけではないんですよね。
今回はインターネットでの選挙運動が解禁になりました。

これまではブログやホームページなどで選挙期間中に「〇〇さんを当選させよう」といった選挙運動が出来ませんでしたが、次の参院選からはこれが可能になります。可能なネット媒体は次の通り。

・ホームページ
・ブログ
・SNS(ツイッターやフェイスブックなど)
・動画共有サイト(YOUTUBE、ニコニコ動画など)
・動画中継サイト(ニコ生、ユーストリームなど)

注意しなければならないのは電子メールですね。
候補者は電子メールを使った選挙運動が可能ですが、有権者は電子メールを使った選挙運動が出来ません。
例えば有権者が応援している候補者を当選させる目的で「〇〇さんに投票しましょう!」などということは出来ないので注意です。違反になります。

当たり前ですが、なりすましや落選させる目的で虚偽の情報を流したりしてはいけません。例えとんでもない売国奴だとしてもです。あとは出来る人がまず少ないでしょうが、候補者のホームページの改ざん行為で選挙活動の自由を奪う行為は重大な違反です。

その他詳しくは総務省のホームページにあるのでこちらもご覧下さい。
ネット選挙運動

関連記事

  1. ニコニコネット党首討論会

    日本

    参院選目前!ニコニコ生放送党首討論会

    しっかりしろ野党! (さらに…)…

  2. 細野幹事長 ずぼらな瞳

    日本

    民主党は自業自得に気づけ

    勝手に落ちていく不思議。 (さらに…)…

  3. 日本

    国会だけが政治じゃない

    場外での活動は重要 (さらに…)…

  4. 日本

    自民党「ウソをつかない。TPP断固反対。ブレない」→・・・

    こら政治不信も高まりますわ。 (さらに…)…

  5. ニュース

    竹島を記した最古の地図が発見されたようです

    竹島は日本の領土 (さらに…)…

  1. 日本

    菅直人元総理が安倍総理を提訴 菅さんはもう黙ってた方が・・・
  2. ニュース

    はだしのゲンは閉架措置で問題なし
  3. マスコミ

    タイトルは同感だけど内容は反対な朝日の読者投稿
  4. YouTube

    チャンネル桜に出たときの話
  5. ニュース

    韓国にはもっと騒いでもらおう
PAGE TOP