日本

鳩山元首相 尖閣領有権で中国主張に理解示す

正気ですか?

鳩山元首相 尖閣領有権で中国主張に理解示す/スポニチアネックス
鳩山由紀夫元首相が香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示す発言をしていたことが25日、分かった。尖閣をめぐる歴史的経緯に言及し「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と述べた。発言の様子は同日午前、中国内外に向けて報道された。

鳩山氏は既に政界を離れているが、首相経験者だけに、尖閣諸島に領有権問題はないとする日本政府の立場と相いれない発言内容が、日中両国の世論や尖閣情勢の今後の推移に影響を与える可能性もある。

中国は日本の尖閣領有について、第2次大戦中のカイロ宣言にある「日本が盗み取った中国東北地方や台湾などの島しょを中国に返還する」との規定に違反すると主張している。これに関して鳩山氏は「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は、中国から見れば十分に成り立つ話だ」と明言した。

日本政府は「尖閣は歴史的にも国際法的にも日本固有の領土で、領有権問題はそもそも存在しない」との立場。この点をめぐり鳩山氏は「『私の島だ』という気持ちを(日中)両方の国が持つのはある意味で当然だ」と述べ、日本は領有権問題の存在を認めるべきだとの認識を強調した。

鳩山氏の事務所は「報道の内容を承知していないのでコメントできない。ただ、元首相は以前から尖閣諸島が係争地であると認めるべきだと主張している。インタビューでは中国側の言い分を客観的に説明しただけなのではないか」としている。

取材は24日に東京都内で行われた。


↑発言の動画

別の人の発言であれば「本当か?」と思うところですが、鳩山さんの場合本気なのでしょう。こういうこと言っても不思議じゃないと感じてしまうあたりがもう異常ですね。

尖閣諸島は日本の領土です。
簡単に尖閣の歴史を確認しておくと、1895年まで日本が調査し、支配者がいないことを確認して日本に編入しました。中国が「尖閣は自国の領土」と言い出したのは、1969年の国際連合アジア極東経済委員会による海洋調査で、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告されて以降のことです。
本当に中国の領土だと主張するなら、中華人民共和国が成立した1949年の時点で抗議しなかったのでしょうか?露骨過ぎて笑えますね。

カイロ宣言とか言ってますけど、第二次大戦の時にはまったく関係ないのです。事務所も一貫して売国していますね。完全に工作員です。この方が日本の総理大臣だったと思うと、本当に恐ろしいことです。

ちなみにこの発言を受けてマスコミのインタビューには、「言っていない」などと発言しますが、思いっきり言ってるじゃん・・・

ちなみにポツダム宣言を出して固有の領土は北海道、本州、四国、九州だと言っていますが、これ本当に日本の総理大臣をやったものの発言でしょうか?沖縄も竹島も北方領土も全部無視ですよ。

ポツダム宣言
八、「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ

4島だけでなく、諸小島も含みます。ポツダム宣言というのはあくまで戦闘終了のために受諾したもので、法的な処理はサンフランシスコ講和条約によります。ちなみに中華人民共和国はどちらも調印してませんけどね。

関連記事

  1. 日本

    日本を変えるなら長期計画で

    がんばろうニッポン (さらに…)…

  2. ニュース

    デフレのまま増税したらもっと景気が悪くなる

    デフレのまま増税するのは愚作という以外ない。 (さらに&hel…

  3. 日本

    仙台市長選、投票を促す啓発費かけ過ぎでしょ・・・

    せっかくトミ子を落としたのに・・・ (さらに…)…

  4. ニュース

    安倍総理は痛恨の極みパート2を発動するのか

    痛恨の極みは制限カードです。 (さらに…)…

  5. 日本

    民主党の原口一博議員 「円安・株高の流れを止められるのは民主党しかいない!」

    日本を破滅させるというマニフェストなら間違いなく達成できる! (さ…

  6. 日本

    憎悪スピーチ 冷静に議論する社会に 2013.6.23北海道新聞社説

    これ本当に日本人が書いたのか? (さらに…)…

  1. ニュース

    アントニオ猪木「拉致解決したら幸せになれるのか」
  2. YouTube

    YouTuber(動画投稿者)は楽して金儲けしているという風潮
  3. 日本

    有田「よしお」君による無益な予算委員会
  4. マスコミ

    「麻生発言 報道批判に驚いた」朝日新聞読者投稿 声 2013.8.8
  5. 日本

    外国人参政権なんて必要ない!
PAGE TOP